おれの怒り

以前全国大学連合原理研究会(W-CARP JAPAN)に所属していましたが、段々とカルトアレルギーが強くなってきたので辞めました。
でも反対派も嫌い。
つらつらといろいろ書き連ねます。

CARPは何をしている?

CARPというのは一体何をしているところなのか。
公式ページを見ただけでは具体的なものがさっぱりわからない。
各支部がブログを頻繁に更新してはいるが、やはり実像は見えてこない。

というわけで、私の知る限りではあるが、CARPの活動について外から見える部分と見えない部分に分けて書き出してみることにした。 
見える部分というのは、CARPの公式サイトや各種ブログで発信されている内容 を主としたもの。
見えない部分は、私が知り得る中で上記に当てはまらない部分。


◇CARPの活動~見える部分

・奉仕活動
・定例研究会
・研修会
・スポーツ
・会食
・小旅行


◇CARPの活動~見えない部分

・共同生活
・宗教生活(祈祷、礼拝、献金、拝礼etc)
・訪問販売(万物復帰)
・勧誘(伝道)


簡単に表すとこんなところだろうか。
上層部曰く、「透明化」という事だそうだが、確かにこう見れば半分以上は表に出てきている。
しかし、10あるうちの6しか表に出てきていないのはあまり感心できないのではないだろうか。
それにその6のうち半分くらいはあってないようなものなので、がんばって組織をよく見せようとするためのメッキでしかない。 
更に言えば、組織活動の核心ともいうべきものが隠れてしまっているのも問題だろう。
CARPでの生活は基本が共同生活であるし、イコール宗教生活である。そして長期休暇に入れば、ろくに実家に帰る暇もなく、訪問販売や研修に送られる毎日となる。

ではなぜ、こんなにも重要な部分を隠して彼らは活動をしているのだろう。
後ろめたい部分があるのか。それとも批判を恐れてか。
恐らく活動をしている当人たちに聞いてみれば、後ろめたい部分などないし、批判は甘んじて受け入れる、と言うに違いない(私の周りにいた人間は皆そうだった)。
彼らが主張するのは、「社会から誤解を受けている」といった類の内容だろう。それ故に全てをオープンにしても理解してくれるはずはないと。

もし、そのような考えであるのなら、言語道断である。
当然、いくら待っても誤解など解けるはずがないし、それは良識ある大学生らを騙す非道な行為。
この先正しい道を選ぶことができないのなら、この組織も瓦解していくに違いない。 

はじめに

さて、いろいろ一区切りがついたのでブログでも書かせていただきます。


私はCARPという所に所属しておりました。学生の頃に入り、卒業後もスタッフとして勤務をしました。

寝耳に水ではあったのですが、統一教会にもいつの間にか入っていたようです。(書類等にサインした記憶は一切ない)


随分と長い間、そこでの生活を送っておりましたが、カルト(まともな宗教と区別するためにそう呼ばせて頂く)特有の独特な雰囲気に遂に着いていけなくなり、退会するに至りました。


ブログのタイトルをこのようにしたのは、単に私が怒りっぽい性格だからです。

もちろんCARPに対してのわだかまりから来る怒りも沢山ありますが、そればかりを書き連ねるつもりはありません。



ブログを読んでいただくにあたって、私のスタンスや理解していただきたいことなどを以下に書き記しておきますので、ご一読をおお願いします。



①CARPにおいて私は10年近活動を続けておりましたが、特にそれ以上の素性を明らかにするつもりはありません。

②闇雲に批判ばかりを書き連ねるつもりはありません。CARPの基本理念は素晴らしいものだと今も思っています。

③特別な場合を除き、全国大学連合原理研究会(W-CARP JAPAN)をCARP、宗教法人世界基督教統一神霊協会を統一教会、と略称を使わせていただきます。

④基本的にコメント欄は解放しておきますので、意見などはそちらにお願いします。

⑤記事の内容に問題が発見された場合は直ちにお知らせください。確認次第、修正いたします。

楽天市場
アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ